Home > Manufacture > オゾン分解装置



オゾン分解装置

一般的に、1種類のオゾン分解剤だけで構成されるオゾン分解器において、設計上分解に必要とされる量だけでは、オゾン分解処理の初期に若干の未分解オゾンが通過してしまいます。これを防止すためには、分解剤の量を増やす必要がありオゾン分解器自体も大きくなるため、高価になります。
また、圧力損失が増大するなどの問題があります。オゾン分解剤は、ある程度のオゾンを連続的に分解するとその分解熱(オゾンの分解熱、約2.93kJ/g-o3)の蓄積により、分解効率がさらに向上します。この状態を保持しながら運転する場合には分解器の少量化も考えられますが、上述同様、反応初期における未分解オゾンをそのまま放出することは問題があります。本製品は、高濃度オゾン分解剤と低濃度オゾン分解剤の組み合わせにより、必要最小限の分解剤において安全かつ確実にオゾンを分解します。従来の活性炭処理方式のオゾン分解器に比べ、分解剤の消耗が無く劣化しにくいため、比較にならないほど、コンパクトで長寿命です。

KSシリーズ

排オゾン分解器KSシリーズは、2種類のオゾン分解剤を組み合わせ、
触媒の反応初期に通過する若干の未分解オゾンまでも処理できる
コンパクトで高性能、長寿命のオゾン分解器です。
KSシリーズはハニカム触媒により効率よく、
活性炭により完全にオゾンを分解します。高濃度の排オゾン処理に最適です。

●KSシリーズ(高濃度オゾンガス用)(KSシリーズ仕様図) (KSシリーズ特性表)
型式 KS−100−002A KS−100−004C KS−100−008D
オゾン処理量(MAX) 120g/h 240g/h 480g/h
ガス流量(100g/Nm3の時) 20NL/min 40NL/min 80NL/min
処理濃度(MAX) 100g/Nm3
出口濃度 0.1ppm以下(酸素ドライガスの場合)
外形寸法(L/W/D)mm 241×135×135 241×210×135 241×210×210
耐用年数 1年(最大処理時)



KSHシリーズ

排オゾン分解器KSHシリーズは、2種類のオゾン分解剤を組み合わせ、
熱電ヒーターを使用することにより、高湿度のオゾンガスにも対応し、
触媒の反応初期に通過する若干の未分解オゾンまでも処理できるコンパクトで
高性能、長寿命のオゾン分解器です。 KSHシリーズはハニカム触媒により
効率よく、活性炭により完全にオゾンを分解します。
高湿度/高濃度の排オゾン処理に最適です。

●KSHシリーズ(高湿度・高濃度オゾンガス用)(KSHシリーズ仕様図)  (KSHシリーズ特性表)
型式 KSH-100-001A KSH-100-002C KSH-100-004D
オゾン処理量(MAX) 60g/h 120g/h 240g/h
ガス流量(100g/Nm3の時) 10NL/min 20NL/min 40NL/min
処理濃度(MAX) 100g/Nm3
出口濃度 0.1ppm以下(酸素ドライガスの場合)
外形寸法(L/W/D)mm 241×136×136 241×211×136 241×211×211
耐用年数 2年(最大処理時)
供給電源 AC100V/単相200V(電圧は、ご指定願います)
消費電力 140W/200W 280W/400W 280W/400W



小型オゾン分解器

■中濃度・小流量タイプ  《仕様図》 
粒状触媒を使用した小型・低価格オゾン分解器

型式:M100−95−HEX4
オゾン濃度50g/m3以下
ガス流量10L/min以下に適用
標準接続:Rc1/2
その他の接続についてはご相談ください。

KMシリーズ

オゾン分解器KMシリーズは、2種類のオゾン分解触媒を組み合わせ、
触媒の反応初期に通過する若干の未分解オゾンまでも処理できるコンパクトで
高性能、長寿命のオゾン分解器です。 KMシリーズはハニカム触媒により
効率よく、粒状触媒により完全にオゾンを分解しますので、
酸素を原料とした高濃度の排オゾン処理に最適です。

●KMシリーズ(超高濃度オゾンガス用)(KMシリーズ仕様図)  (KMシリーズ特性表)
型式 KM-200-002A KM-200-004C KM-200-008D
オゾン処理量(MAX) 120g/h 240g/h 480g/h
ガス流量(100g/Nm3の時) 20NL/min 40NL/min 80NL/min
処理濃度(MAX) 200g/Nm3
出口濃度 0.1ppm以下(酸素ドライガスの場合)
外形寸法(L/W/D)mm 241×135×135 241×210×135 241×210×210
耐用年数 1年(最大処理時)



交換時期を色でお知らせ

●KMSシリーズ
《仕様図・処理能力表》
《変色度合》 劣化状況が一目でわかるオゾン分解器を使用していても、その排出オゾン濃度は、オゾンモニターやオゾンセンサーを設置しないとわかりません。
このオゾン分解器は、内部分解材の劣化状況を色で判別して、交換時期を知らせるオゾン分解器です。

型式 KMS200-002A1 KMS200-004C1 KMS200-008D1
オゾン処理量(MAX) 120g/h 240g/h 480g/h
ガス流量(100g/Nm3の時) 20NL/min 40NL/min 80NL/min
処理濃度(MAX) 200g/Nm3
出口濃度 0.1ppm以下(酸素ドライガスの場合)
外形寸法(L/W/D)mm 241×135×135 241×210×135 241×210×210




超高濃度オゾン分解器

■超高濃度タイプ  《仕様図》
高濃度用オゾン分解剤を2種類組み合わせることにより、限りなく100%に
近い分解率を達成。
必要最小限の分解剤において、安全にかつ確実にオゾンを分解します。
オゾン濃度 360g/m3(約180,000ppm)を、
99.9999995%以上を分解し、その排出濃度は0.001ppm以下です。 (実測値は、0.000ppm)

型式:KMX−400−008D
オゾン濃度360g/m3以下
ガス流量8L/min以下に適用
標準接続:VCR-6.35
その他の接続についてはご相談ください。

 

■ユニット式大風量オゾン分解器 
処理風量に応じてユニットの増設が可能です。
ユニット方式のため、触媒の交換が簡単です。

その他、詳細についてはお問い合わせください。

溶存オゾン分解装置も取り扱っております

※その他、御社のご仕様の内容にて設計・製造いたします。お気軽にご相談ください。


【注意】 オゾン処理量(g/h)の濃度基準は100g/m3です。(最大流量と最大濃度の併用はできません)
【注意】 ガス流量はオゾン濃度100g/m3の場合です。(最大濃度の流量とは異なります)
【注意】 KSHシリーズは別途、温度調節器が必要です。(詳細につきましては、直接お問い合わせください)



加温式分解器(温調器一体型)

■加温式分解器  《仕様図》
排オゾン分解器KSHTC-100-001Aは、2種類のオゾン分解材及び加熱方式を
組み合わせ、温度調節器も一体化した分解器です。水処理後に発生する湿度を
含んだオゾンガスを効率良く分解します。また触媒の反応初期に通過する
若干の未分解オゾンまでも処理できるコンパクトで高性能、
長寿命のオゾン分解器です。
本分解器で使用されるハニカム触媒およびオゾン分解用活性炭は
加熱処理においても燃えることのない特殊素材を使用していますので
安心してご使用いただけます。


型  式 KSHTC−100−001A
処理オゾン濃度(最大) 100g/m3
処理ガス流量 10〜40L/min
最大処理量 60g/h
出口濃度 0.1ppm以下
触媒交換周期 約1年(ご使用状況により変わります)
定 格 AC100V
消費電力 150VA
制御方式 PID制御
外形寸法 (W)360×(D)255×(H)225mm(継手部アダプタを含まず)
重 量 約7.5kg
塗装色 マンセル 2.5Y9/1(クリーム色)
警報出力 ヒーター断線時及び異常過熱時(異常時ON)
接点容量 AC250V 5A / DC30V 5A (無電圧接点)
使用周囲温度 −10〜55℃(ただし氷結、結露しないこと)
使用周囲湿度 相対湿度25〜85%
(注意)最大処理オゾン濃度および、最大処理ガス流量の、同時使用は出来ません。
    別紙処理能力表参照



大風量対応オゾン分解器

■低濃度・大風量タイプ 
ハニカム触媒を使用した大風量対応オゾン分解器

型式:K−1UT−8
オゾン濃度:100ppm以下
ガス流量:1.5m3/min以下に適用
標準接続:φ98ノズル
その他、オゾン濃度、ガス流量、接続についてはご相談ください。

■低濃度・大風量タイプ 
ハニカム触媒を使用した大風量対応オゾン分解器

型式:K−1UT−24
オゾン濃度:100ppm以下
ガス流量:3m3/min以下に適用
標準接続:ANSI 150Lb 4B フランジ
その他、オゾン濃度、ガス流量、接続についてはご相談ください。

■低濃度・大風量タイプ 
ハニカム触媒、活性炭を使用した大風量対応オゾン分解器

型式:KS−06−2I
オゾン濃度:300ppm以下
ガス流量:2m3/min以下に適用
標準接続:φ98ノズル
その他、オゾン濃度、ガス流量、接続についてはご相談ください。

大風量対応オゾン分解器(ブロアー内蔵型)

■低濃度・大風量タイプ 
ハニカム触媒、活性炭を使用したブロアー吸引式の大風量対応オゾン分解器

型式:KS−10−0010
オゾン濃度:10ppm以下
ガス流量:10m3/min以下に適用
接続:φ175ノズル、φ198ノズル
その他、オゾン濃度、ガス流量、接続についてはご相談ください。

■低濃度・大風量タイプ 
ハニカム触媒、粒状触媒を使用したブロアー吸引式の大風量対応オゾン分解器

型式:KM−1UT−24BO
オゾン濃度:1000ppm以下
ガス流量:4m3/min以下に適用
接続:φ100ノズル、φ75ノズル
その他、オゾン濃度、ガス流量、接続についてはご相談ください。

ご相談・お問合せ

オゾン発生・分解に関する技術サイト
「オゾン発生・分解装置.COM」


ワコーシステムがオゾン発生・分解装置を研究開発や製造現場、お客様の生産現場で発見する最新の技術や事例を紹介しています。
オゾン発生・分解装置.com

特定非営利活動法人 日本オゾン協会

日本オゾン協会はオゾンに関する技術を高めることを目的に設立され、オゾン技術に関する最新のオゾンに関する情報を提供しています。
日本オゾン協会

International Ozone Association

国際オゾン協会はパンアメリカングループ、ヨーロッパ・オーストラリア・アジア・アフリカグループ、日本アイランドグループ、から構成し、オゾンの研究活動などを行っています。
International Ozone Association

メールでのお問合わせはこちら